甘州に着地し、高堡膜産業は再び新たな階段を踏む!

时间:

2023-07-29


     星聯科技は3年前に初めて地膜の白色汚染を解決するための高堡膜循環産業が新疆に着地したのに続き、昨日(7月28日)甘粛省張掖市甘州区で2つ目の産業着地協力契約を迎えた。

 

▲「広東星聯科技(張掖)プラスチック循環産業園プロジェクト」契約式


       農業面源の白色汚染を効果的に解決するために、農業投入品の低炭素循環「甘州モデル」の構築に全力を尽くし、現地の農業生態環境を保護し、全省農村振興モデル区と農業農村現代化先行地の構築に力を入れ、甘粛省張掖市甘州区人民政府副区長牛生波と広東星連科学技術有限会社、広東星連科学技術農業膜有限会社会長張偉明、甘州区政府は「広東星聯科技(張掖)プラスチック循環産業園プロジェクト」について調印式を行い、区委員会常務委員、統戦部部長安麗莉、区政協副主席張国斌、広東星聯科技農膜有限公司執行総経理曹錫城、副総経理李文穎は調印式を目撃した。

 

▲甘州区副区長牛生波氏と星聯科技董事長張偉明氏が協定を締結


       プロジェクトの総投資額は67686万元、固定資産投資額は約1.8億元で、5期に分けて行う。プロジェクトは高強度高耐候性回収しやすい地膜である高堡膜を核心製品とし、その回収しやすい、増産促進、高価値化再利用可能などの優位性を十分に利用し、高堡膜再生料、種子包装袋、包装収縮膜、農産物包装膜、その他の関連する農資製品及びプラスチック製品の生産をセットにし、同時に農業科学技術サービスを提供し、完全な高堡膜生産、使用、高価値化回収リサイクル循環産業チェーンを構築する。

 

▲コア製品:高強度高耐候性回収しやすい地膜――高堡膜


      今後5年間、プロジェクトは甘州区に立脚し、張掖市、輻射河西回廊及び甘粛省に面し、トウモロコシ製造業を突破口とし、その他の作物栽培用地膜及びその他のプラスチック製品を延長し、張掖市初の農地の「白色汚染」を解決し、トウモロコシ製造及びその他の作物被膜栽培の節本増進効果、農業のグリーン循環発展を実現するための環境保護モデル基地を設立する。農資製品の低炭素循環を構築する「甘州モデル」。プロジェクトは5年間の総生産額が16億元を超え、甘州区に5000万元を超える税収を貢献することができると予想している。

 

 

▲高堡膜循環産業モデル工事


      区工信局の袁彦林局長、市自然資源局甘州支局の王赟副局長、区農業農村局の化明峰副局長、区招商サービスセンターの王建福主任、区知能製造産業発展センターの陳斌副主任、区物投会社の楊涛社長、区玉米制種産業連盟の李会文理事長などの関連部門の責任者が一緒に調印式に出席した。

 

▲契約式現場


       全国のトウモロコシの種3粒のうち、1粒は甘州から来ていることが分かった。甘州の耕地安全は全国のトウモロコシ食糧安全にとって重要である。現地の40年以上のトウモロコシの栽培には地膜が使用されてきたが、通常の地膜の使用後は非常に破砕しやすく、回収しにくいため、トウモロコシの気根と残膜の回収時間の影響を加えて、現地の地膜の白色汚染の難題はずっとよく解決されていない。現地の耕地の品質は農膜汚染のため、近年一定の低下傾向があり、良質な農産物の生産に影響を与える重要な要素の一つとなっている。

 

▲全国3粒のトウモロコシの種のうち1粒が甘州由来


       甘州区政府は農業の生態環境を保護し、トウモロコシ製造業の持続可能な発展を保障するために、1年半前から全国的に地膜白色汚染対策ソリューションを探して、そして積極的に星連科学技術が中国発明特許金賞を受賞したERE技術を運用し、材料調合技術を結合して開発した高堡膜製品を探して、同時に前期に一連の試験を行った。今年、地元の4つの最も代表的な種子製造企業及び地元農業局農業技術普及センターは大面積、多地点、多品種の栽培試験を実現し、いずれも良好なフィードバックを得た。

 

▲甘州区高堡膜トウモロコシ試験田


       今回の契約プロジェクトが実施された後、星連科学技術はコア製品である高強度高耐候性回収の利点を用いて、現地政府の地膜白色汚染の難題を解決し、農家と栽培企業のためにコストを増やし、トウモロコシの金漆製造の看板に環境保護の新しいラベルを貼り、同時に現地の産業チェーンを補充する。将来、星連科学技術と甘州区政府は一緒に手を携え、「緑の水の青山は金山銀山」の実践者になるだろう!

 

Copyright©2022 Siiico Technology Co., Ltd.  粤ICP备16105518号 图片名称 粤公网安备44060502001892号  技術サポート:300.cn 東莞 SEO